鼻呼吸や口呼吸と歯並びの関係について

 

 

一年中、鼻炎でお口でしか呼吸ができない」「テレビを見ているときふと気づくとお口をポカンと開いている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

口呼吸による体への悪影響はよく聞くと思いますが、歯並びにも影響が出ることはご存知ですか?今回は口呼吸と鼻呼吸、歯並びとの関連についてご説明します。

 

鼻呼吸と口呼吸はどっちが正しい?

古くから言われているように本来、人間のが呼吸する際に行うべきなのは鼻呼吸です。

しかし、小さなお子様を含め大人の方でも口呼吸の方が多いのが実情です。

口呼吸をしてしまうとどうなるのか、口呼吸から鼻呼吸に切り替えるにはどうすればよいのか見ていきましょう。

 

口呼吸について

口呼吸は前々から体にはよくないと言われていますが具体的にはどんなことが口の中や体に影響を及ぼすかを簡単にまとめました。

 

口呼吸による口の中での症状

  • 口の中が乾燥し、口臭の原因になりやすい
  • 口唇が乾燥し、荒れやすい
  • 歯の着色が起こりやすい
  • 歯茎に炎症が起こり、赤く腫れやすい
  • 不正咬合になりやすい
  • ベロが悪い位置になる

口呼吸による全身に起こる症状

  • 姿勢が悪くなり、猫背になりやすい
  • ホコリや細菌が体内に入りやすく、体調を崩しやすい
  • 集中力が低下しやすく、仕事や勉強に影響する

どれか一つでも思い当たるものはありませんか?

もしかしたら、それは口呼吸によるものかもしれません。

次に口呼吸と歯並びについてご紹介します。

 

悪い歯並びと口呼吸

悪い歯並び(不正咬合)と口呼吸は密接な関係があります。

口呼吸は悪い歯並びを引き起こす原因であり、理由は歯の周りの筋肉のバランスを崩してしまうためです。

具体的に歯の周りの筋肉とは頬(頬筋)や口(口輪筋)や舌(舌筋)のことです。

私たちの歯は骨の中にあり、周りの筋肉によって位置が保たれています。

歯周病により骨が溶けて歯が動いてしまうなんてことを聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、歯を囲む筋肉のバランスが崩れた場合でも歯は動いてしまうのです。

※外側は口輪筋と頬筋に、内側は舌筋により歯は支えれており、バランスが崩れると歯は傾いてしまいます。

 

例えばお口をポカンとしている人は

・本来、前歯を外側から支える唇が触れなくなることで、前歯が外側に傾いてしまう。

・口がすぼんで頬筋に力が加わり、歯列の幅を狭くしてしまう。

・舌が下に位置し、舌の悪い癖が発生して、さらに不正咬合を引き起こす。

このようなことから、矯正治療でせっかくきれいに治したとしても、口呼吸のままだと後戻りを引き起こすリスクを高める悩ましい種の1つなんです。

特に矯正相談にいらしゃるお子様で口呼吸されている方が多くの割合を占めており、歯並びだけでなく口呼吸などの日常の悪い癖についても対処しなくてはいけません。

では、そもそもなぜ口呼吸になってしまうのでしょうか?

日常での呼吸を口から鼻へ修正していこうと考えた場合、口呼吸を引き起こしてしまう原因を特定し、それに対し適切な対応をとる必要があります。

 

口呼吸の原因は?

反対咬合の原因は?

口呼吸は以下の3つのいずれか、または組み合わさって生じてしまいます。

 

■出っ歯などの不正咬合により口が閉じにくい

■習慣性の口呼吸

■アレルギー性鼻炎や蓄膿症、扁桃肥大による鼻閉(鼻づまり)

 

が挙げられます。次にこれらの対処法について簡単に説明していきましょう。

 

・不正咬合が原因の口呼吸の場合の対処

出っ歯などの歯の位置が原因でお口が閉じにくい状態を”口唇閉鎖不全”と呼びます。

口唇閉鎖不全は口呼吸を促すだけでなく、口元がだらしない印象を与えます。

また、無理に口を閉じようとすると下顎のオトガイ部に梅干しのようなシワができる状態になるので、見た目的にも好ましくありません。

矯正治療により、歯並びを適切な位置にしてあげることで口元を改善し、お口を閉じやすくすることができます。

また、子供の矯正治療で上顎を拡大することにより、鼻腔の面積が広がり鼻の通りをよくすることもできます。

 

 

・習慣性の口呼吸の場合の対処

一時的に花粉症や風邪により口呼吸していたが、その後も口を開ける癖がついてしまい習慣性の口呼吸になってしまう方がいます。

このような方は、口を閉じる筋肉が弱い傾向がみられます。

そのため、口を閉じる意識を持つことや口の筋力トレーニングを行う必要があります。簡便に行えるトレーニング方法として、みらいクリニックの今井一彰先生が推奨する『あいうべ体操』で舌や口輪筋などの口周りの筋肉を整えてあげます。

 

 

・鼻閉(鼻づまり)による口呼吸の場合の対処

厚生労働省に資料によるとアレルギー性鼻炎は国民の4割、小学生のアレルギー性鼻炎の有病率は依然増加、スギ花粉症有病率の10年間の推移は中高年でも増加と報告されています。(厚生労働省の鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版より)

耳鼻科への通院や日常での鼻うがいにより、鼻の通りを良くしてあげる必要があります。

特にアレルギー性鼻炎の方の場合、「鼻閉(鼻づまり)」→「習慣性の口呼吸」→「悪い歯並び」のような負の流れを起こしてしまうため、矯正治療をするうえでもこの点に注目しなくてはいけません。

自宅でできるケアとして鼻うがいがおススメです。

注意事項をしっかりと把握した上で、歯ブラシと同じように取り組んでいきましょう。

 

鼻呼吸について

では、なぜ鼻呼吸がよいとされているのでしょうか。

それには鼻の機能を理解する必要があります。

 

鼻の機能

まず、鼻はどんな役割があると聞いたら、多くの方は匂いを嗅ぐことを一番最初に思い浮かぶと思います。
他にも鼻歌を歌ったり、声を響かせたりもしますよね。

でも、それ以外に呼吸の観点で鼻特有の2つの能力があるのをご存知でしょうか?

 

鼻の特殊機能その1 フィルター機能

1つ目はフィルター機能です。

鼻から入ってきた空気に含まれるホコリやウイルスをろ過して異物が体に侵入することを防いでくれます。

大きな粒子は鼻毛でつかまえてくれます。

小さい粒子は粘膜層でつかまえ、繊毛運動によりのどや胃にベルトコンベアーのように運ばれて

タンとして排出されたり、胃酸によって無毒化されます。

こうすることで風邪やインフルエンザなどの病気にかかりにくくしてくれます。

 


※鼻は細菌やウイルスなどの異物(ボール)をブロックするゴールキーパーとして働きます。

 

鼻の特殊機能その2 加温・加湿機能

2つ目は加温・加湿機能です。

鼻の奥行きは数センチしかありませんが、空気がここを通過する際に加温・加湿することで肺の温度や湿度に近い状態まで整えてくれます。

これにより、肺において酸素が効率的に取り込まれるのと同時に肺を保護してくれます

※鼻は体内の加温加湿器として働きます。

 

鼻呼吸や口呼吸と歯並びの関係についてのまとめ

口呼吸の方は鼻の機能を十分に活かしきれておらず体の健康だけでなく歯並びにも大きく影響してしまうデメリットがあります。

そのため、これから意識的に呼吸改善を検討されてみてはいかがでしょうか。

食事は口で、呼吸は鼻で本来体に備わった機能を十分に活かし、健康な生活が送れるようにまずは自宅でできるケアとして毎日の歯ブラシと鼻うがいを取り組んでいきましょう。

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

 

矯正歯科の医療情報