お知らせ

(ネット予約可)新川崎おおき矯正歯科の矯正相談

 

<新川崎おおき矯正歯科で矯正相談をご希望の方へ>

患者様がお持ちのスマートフォンやパソコンからネット予約ができますのでご利用ください。メールは24時間受け付けておりますが、診療時間外にメールをいただいた場合は返信が翌診療日となりますのでご了承ください。

♦無料矯正相談の予約画面へ♦
 

ご不明な点がございましたら、直接医院までお電話をお願いします。(044-200-4184)

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

 

 


フィギュアスケート選手の歯並びと歯列矯正

 

新川崎おおき矯正歯科受付の大木友里です!

ついに平昌オリンピック開幕しましたね。
今回の2018年平昌に続き、2020年東京、2022年北京とアジアでのオリンピックが続き、日本海、黄海、東シナ海を囲む国々で長期に渡って大いに盛り上がることになりそうです。
さて、今回の冬季オリンピックで最も注目されている競技の1つがフィギュアスケートシングルですね。
各国の個性豊かな選手達が、六種類のジャンプを巧みに駆使して、鮮やかなステップやスピン、又は鋭いエッジワークに乗せて、考え抜かれたコリオグラフを大衆の前で披露していくのです。応援せずにはいられません…!
さて、こちらの写真は、四大陸選手権の表彰式の様子です。

 

宮原知子選手、坂本花織選手、三原舞依選手、みなさんとても素敵な笑顔ですね!

実はこのメダリスト達は、全員矯正治療の経験者なのです。もっと遡った写真を見てみると…

宮原知子選手

坂本花織選手

Embed from Getty Images

三原舞衣選手

3人の歯列矯正の共通点は?

共通して見られるのは、前歯に金属製ではなく、セラミック製の審美ブラケットを使用している所です。
これらの写真を見る限りでは、三原選手はホワイトワイヤーを通して、より目立たない矯正治療を行なっているようです。
演技中の写真では引きで撮影されているものが多いのですが、矯正している事に気付かないくらい目立ちませんでした。

治療開始後は1ヶ月に一回はワイヤー交換に通って頂くことになります。
新しいワイヤーに変えると、今までとは違った強度の力が歯にかかり、それによって歯が移動していくので、どうしても歯が浮いたような、ジワジワとした痛みを感じる状態になります。
選手の皆さんは秋頃から大会のシーズンに入りますが、歯が痛む時期と大会の期間が重ならないように治療のスケジュールを調整しているのではないかと思います。ジャンプを跳ぶ際の踏み切りの時に、歯が痛くて力がうまく入らなかったら大変ですよね。
こういったように、矯正治療は患者さんの一人一人のライフスタイルに合わせて治療を提案する事がとても大事な事で、継続しやすい形で通って頂くからこそ年単位の治療が可能となるのです。

フィギュアスケートのような芸術的要素の強い競技では、顔の表情は表現手段の1つにすぎませんが、美しく整った歯並びはより良い表現の助けになると感じます。

選手達の素敵な笑顔から見える綺麗な歯並びにも注目して見てください。

受付 大木 友里

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

 

 


元住吉からおおき矯正歯科へのアクセス

先日の休診日に元住吉をぶらりと散歩してきました。

武蔵小杉から1駅と近く、都内や横浜へのアクセスが良好で落ち着いた街並みで住みやすい街として紹介されることが多い元住吉。今回は駅を中心に街中を散策です。

元住吉駅は川崎市中原区木月1丁目にある東急電鉄の駅で、東横線と目黒線の2系統が乗り入れています。

2016年度の一日の平均乗降人員は東横線は定期内・外を合わせて47,085人、目黒線は定期内・外を合わせて18,378人でどちらも前年比よりわずかに増えています。(東急電鉄・2016年度乗降人員

元住吉駅の東口側がモトスミ・オズ通り商店街、西口側がモトスミ・ブレーメン通り商店街と踏切を挟んで2つの大きな商店街があり、どちらも多くの地元住民が訪れ賑わっていました。

どちらも童話に関係する通り名で、面白いですね。気になってちょっと調べてみました。
ブレーメン通り商店街の前身は元住吉西口商店街でしたが1990年のモール化に伴い、「中世ヨーロッパのロマンと語らい」をテーマとして商店街名を公募して変更になったとか。翌年の1991年にはドイツのブレーメン市の商店街と友好提携を結び、友好の証として贈られたブレーメンの音楽隊の像が商店街の中にあります。

一方、オズ通り商店街の方では、もともとは東口商店街でしたが夢と希望のある商店街にしたいという思いと、反対側の商店街がブレーメンという影響もあり今の名称になったそうです。オズ通り商店街には「おずっちょ」というゆるキャラがいます。

「おずっちょ」はオズ通り商店街が大好きな30代主婦で3児の母で川崎フロンターレの熱狂的なサポーターなんだとか。ゆるキャラ®グランプリ2017のご当地ゆるキャラ部門で総勢681体の中で223位だそうです。「おずっちょ」のお尻にはハートマークがあり、触るとご利益があるそうなんですが、残念ながら本日は会うことができませんでしたのでまた別の機会に。

ちなみに私の出身である千葉県成田市のご当地キャラで成田空港をイメージした飛行機と名物のウナギを組み合わせた「うなりくん」が1位になっていたことに驚きました。まさかここまで有名になってるとは、、、「うなりくん」をご存知ない方はこちらを参考に。うなりくんオフィシャルホームページ

 

散歩後にはお腹がすいてきたので、ランチは地元の方に人気といわれる家系ラーメンの「てっぺん家」さんに決定。

ダイエットしているものの、家系ラーメンが風邪に効くとテレビでやっていたので(本当かどうか知りませんが、、、)予防の面でもいいかなと自分に言い聞かせながら入店。

学生時代から家系ラーメンは好きで、よく各地のお店に行ったことがあるのですが、この店では「がごめラーメン」という名前を初めて聞いたのでこれを注文しました。

着丼したラーメンがこちら。

がごめとは北海道の函館に生息するとろろ昆布のことで、アルギン酸やフコイダンやラミナランという血圧を下げたり高血圧を抑制したりする成分が含まれているそうです。店主がオリジナルのラーメンを作りたいと考えたときに函館出身ということもあり、このラーメンが生まれました。一般的な家系ではほうれん草がトッピングされますが、がごめラーメンではオクラを使用してとろろ昆布と合わさりスープが通常よりもとろみがあり新触感でした。ランチサービスで付けてくれた半ライスと一緒においしくいただきました。

ラーメンを食べた後に地元で人気らしいクレープ屋さんに行こうか悩んだ末、今回はカロリーを考慮し断念。

少し運動しようと思い武蔵小杉駅まで歩いていくことにしました。

歩いている途中に抜歯などの外科手術でお世話になっている関東労災病院が見えてきました。

一礼して武蔵小杉駅から電車で鹿島田駅まで帰ってきました。

川崎には様々な商店街があるので、そこを見て歩いて、その地域独特の人の流れや歴史を感じるのは楽しいですね。

 

新川崎おおき矯正歯科は元住吉駅から近い歯列矯正専門のクリニックです。

元住吉から新川崎おおき矯正歯科へのアクセスは

電車の場合、武蔵小杉駅を経由して鹿島田駅に下車となります。

バスの場合、元住吉駅からの臨港バスで新川崎駅まで約16分で到着となります。バスの時刻表をご参考までに。

臨港バス時刻表 元住吉駅のバス停から[川60]新川崎駅経由 平日

臨港バス時刻表 元住吉駅のバス停から[川60]新川崎駅経由 土曜

 

元住吉近辺でお住まいで歯並びにお困りの方や歯列矯正にご興味のある方は、一度当院の矯正相談をご検討いただければと思います。

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

 

 


院内のアート。

こんにちは。受付の大木友里です。
先週は新川崎・鹿島田に雪が降りましたね。
予想以上に綿々と降り積もって、当院周辺も綺麗な雪景色になりました!
見慣れた街並みが一晩で全く違った様子になるのを見ると、とてもワクワクしますね♪
当院の待合室も、積雪のような劇的な変化ではありませんが少しだけ雰囲気を変えてみました!

可愛らしい色使いのポスターやポストカードです♪
北欧的なデザインの雑貨はシンプルで優しく、家庭的な雰囲気がありとても人気ですよね。

ウィキペディアで北欧デザインと検索してみると、
『北欧の国では、長く厳しい冬に室内で過ごす時間が多いという状況から、「飽きのこないシンプルなデザイン」と「機能的で長く愛用できるような実用性」を兼ね備えた家具が誕生したのではないかという説があり、北欧雑貨もまた「家で過ごす時間が楽しくなる」などの特徴が見られる』と記載されていました。
こういった温かみのある色使いや自然をモチーフにしたデザインは、日照時間が短く、寒さの厳しい土地に住む人々が精神的な健康を維持するために生み出した生活の知恵なのですね。

こちら日本でも暫く冷え込む日々が続きますが、寒い中通院される方にリラックスしていただけるよう、
私も北欧デザイン的精神を持って対応していきたいと思っております!
雪の日はお足元にお気を付けてご来院下さい。

受付 大木友里

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

 

 


鹿島田商店会の賀詞交換会に参加しました。

 

この場所で開業した理由

昨日、鹿島田商店会の賀詞交換会に参加しました。

鹿島田商店会の会員は電気屋さんや八百屋さんなど昔ながら商店街を支えてきた方、新規で鹿島田にお店をオープンされた方など年齢も業種も様々です。新川崎おおき矯正歯科も昨年の6月から開院しましたので、今回の賀詞交換会は初参加。

会場に着くと、多くの商店会の会員の方達が出席で驚きました。

鹿島田商店会の活性化に向けてお酒を飲みながらお食事をしながらお互いに意見交換をしたり、近年の鹿島田・新川崎の変化について話しました。

乾杯の音頭の後にはアコーディオンの生演奏が始まり、ビュッフェ形式でお食事を楽しむ貴重な体験をさせていただきました。

私の席での話題となったのは鹿島田、新川崎が「出没!アド街ック天国」に取り上げられるにはどうしたらいいのか。テレビの放映後には大きな反響があるそうで、ぜひ幸区鹿島田のところにも来ていただきたいですね。

ゆるキャラ、ご当地名物、イベントなど地域の活性化への手段は様々ですが、ゆるキャラがあるといいかなと私個人としては考えています。

鹿島田なので鹿をイメージしつつ、奈良の「せんとくん」に被らないように、、、、。難しいですね(笑)

これからも鹿島田の発展を願うばかりです。

最後は毎年恒例の前会長(名誉会長)の手品で盛り上がり、会が終了しました。

定期的に鹿島田駅周辺で商店会が運営するマルシェを行っておりますので、ご興味のある方はぜひ遊びに来てください。

ウィンターマルシェについて

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

 

 


冬季見学相談会、開催致しました!

新年あけましておめでとうございます。

今年もスタッフ一同、地域の皆様の歯並びをサポートして参りたいと思いますので、2018年も新川崎おおき矯正歯科を宜しくお願い致します。

さて、先日二日間に渡り冬季見学相談会を開催させて頂きました。開催期間中はガーランド等で飾り付けをして、いつもより賑やかな内装にしました♪

模型や解説の展示もしております。

当日来ていただいた方はご来院誠にありがとうございました。今後の矯正治療を考える上でお役に立てれば幸いです。

今後も定期的にこうした相談会を開催していきますので、今回いらっしゃられなかった方や参加を悩まれている方は、次の機会の参加を是非ご検討下さい。

 

受付 大木 友里

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

 

 


本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

1月5日より、本年の診療を開始致しました。

昨年は、幸区だけでなく、矢向、上平間などからもご来院頂き、近隣地域の皆様に歯並びの大切さについて知っていただくことができ、とても嬉しく思います。

これからも、矯正相談では歯列矯正について正しい情報を皆様にお伝えし、診療においては責任をもってしっかりと治療させていただきます。

本年も新川崎おおき矯正歯科をよろしくお願い申し上げます。

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

また、1/7、1/8にご予約不要の矯正相談会を行いますのでご興味のある方は是非いらしてください。歯並びについての簡単なご相談や院内見学ができます。


冬季休暇と見学相談会のお知らせ

 

<当院の患者様へ>

12月31日(日)から1月4日(木)まで冬季休暇を頂きます。1月5日(金)より通常通り診療致します。よろしくお願い致します。
なお、冬季休暇中も電話、メールでの問い合わせには対応致しますので、ご予約、ご相談がございましたらご連絡下さい。

 

<矯正相談を検討されている方へ>

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

1月7日(日)と1月8日(月)に見学相談会を行います。ご予約不要で、院内の見学や矯正相談が行えますのでご家族でお気軽にいらして下さい。

 


日本矯正歯科学会の認定医を取得しました!

 

 

新川崎おおき矯正歯科院長の大木です。

この度、無事に日本矯正歯科学会の認定医の資格を得ることができました。今回の取得に当たりご協力していただいた東京歯科大学の医局の先生方、大学病院の患者様には心から感謝申し上げます。

さて、歯列矯正をお考えなっている方の中には認定医という制度をご存知がない方もいらっしゃると思いますので簡単にご説明させていただきます。

日本矯正歯科学会の認定医の先生ってどれくらいいるの!?

歯科医師が10万人いる中で、矯正治療を行っている歯科医師は約2万でおよそ5人に1人という統計データーが出ています。なぜ、すべての歯医者さんがやらないかというと学生時代に矯正治療の知識については教わるものの、大学卒業後まで患者さんに対して矯正治療を経験する機会がないためです。矯正治療を学ぶために大学卒業後に大学病院や矯正専門クリニックに勤務したり、矯正セミナーに参加してはじめて矯正治療ができるようになります。

しかし、この矯正治療を行う2万人の歯科医師の中でも日本矯正歯科学会(日本で最大の会員数を誇り、最も歴史のある学術機関)が設けている"認定医"という資格を有している者はわずかに約3000人と2割程度しかいません。

なぜ、ここまで減るかというと認定医の資格を取るために色々と試練があるためです。

日本矯正歯科学会の認定医の資格を取るために必要なことは?

矯正専門医が常駐しているか
・日本矯正歯科学会で5年以上会員であること

・2年以上大学の矯正学講座で研修を積んだ後、学会が認定した指導医の下でさらに3年以上矯正歯科に専門的に従事すること

・学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する論文を発表した者

上記の3つを満たしたものがやっと認定医の受験資格を得られます。

そこからさらに10症例の書類提出や2症例の歯型模型の展示、口頭での試験を受け、これらに合格した者がはじめて日本矯正歯科学会の認定医と名乗ることができるのです。

部分矯正治療やマウスピース矯正治療(インビザラインなど)の症例は対象外で、全体治療でのブラケット装置を用いた技術が求められますので矯正治療を専門にやられてない先生にはかなりのハードルとなります。

常勤の認定医がいることが歯列矯正の病院選びの判断基準の1つ

このことから日本矯正歯科学会の認定医は大学病院やそれに準ずる施設に勤務してトレーニングを積み、自分自身で治したことを証明する資格の一つと言えます。

矯正治療は矯正治療専門のクリニックがあるくらい専門性が高い分野ですが、実際にはスマホやパソコンで”矯正”と検索すると多くの病院が出て困ってしまうものですよね、、、

そんなお困りの方には、”認定医の資格をもった矯正専門医が常勤である”ことがクリニックを選ぶ際の判断材料としてよいのではないかと思います。

下記に神奈川の認定医の先生方の名簿一覧のサイトを載せますので、矯正治療を検討される方はご参考までに。

日本矯正歯科学会の神奈川の認定医・専門医の名簿一覧

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

 

 


平間からおおき矯正歯科へのアクセス

 

新川崎おおき矯正歯科は平間駅から近い歯列矯正専門のクリニックです。

今回は平間駅を中心にご紹介させていただきます。

平間は中原区の上平間と幸区の下平間がありますが、これはかつて江戸時代初期に幕府の方針で上平間村と下平間村に分けられてからのようです。(やさしい川崎の地名)

平成29年の人口は下平間7,889人で上平間10,580人です。(川崎市平成29年度町丁別世帯数・人口)

 

平間駅は川崎市中原区田尻町にあり、1927年に南武鉄道の平間停留場として開業し、現在に至ります。2016年度の1日の乗車人員は平均で14,344人です。(JR東日本 2016年度各駅乗車人員)

平間駅の改札を出てすぐのところに商店街があり、そこでは精肉店や八百屋などの昔ながらのお店が並び、下町情緒あふれる通りとなっています。平間銀座商店街では夏にサマーフェスティバルが開催され、週末はにぎわいます。

また、駅近くのモスバーガーは神奈川で一番古いお店だそうです。

 

駅の橋から線路の両方を見ると、南北に新川崎・鹿島田と武蔵小杉の高層ビルがそれぞれ見ることができます。今後も平間を含め、周辺地域の街並みの変化にも目が離せませんね。

平間にお住まいの方で、歯並びでお悩みであれば当院に一度、矯正相談にいらしてください。

平間駅から当院最寄り駅の鹿島田まではわずか2分の乗車です。

歯並びでお悩みの方、
お気軽に無料矯正相談へお越しください。

また、当院へお車でお越しの場合は最寄りの駐車場をご利用ください。

当院へのアクセスはこちらをご参考下さい。