高校生の歯列矯正にかかる費用や治療期間について

大人へと成長していく高校生の子どもたち。

歯並びが悪いことで見た目や話し方を気にしたり、学業に専念できないなどさまざまな影響を与えてしまうこともあります。

長い間コンプレックスを抱えて過ごすのは辛いものです。

10代後半の貴重な時期を、コンプレックスを気にすることなく健やかに毎日を過ごしてほしいですよね。

また、悪い歯並びは精神的な問題だけでなく、虫歯や体の歪みなど健康上のトラブルの原因にもなる場合があります。

そこで今回は、高校生の歯列矯正で行う治療方法や費用などについて詳しくご紹介します。

高校生の歯列矯正ってどんな感じ?学生生活や大学受験への影響は?

 

10代後半頃の歯の特徴

子供のときにする歯の矯正治療はどちらかというと小学生の頃に行うイメージが強いようですが、高校生からでも遅いということはありません。

高校生にもなると、自分の意見がしっかり持てるようになり、歯列矯正を行うメリットやデメリットもきちんと理解できます。

そのため、小さいお子さんに比べて治療に対するモチベーションが高く、それが結果として良い方向につながりやすくなります。

しかし、両親が歯列矯正を勧める場合には決して無理強いはせず、治療を行う本人が自らの意思で治療を行いたいと思うよう、デンタルケア大切さや矯正治療の必要性を十分話し合い、家族でサポートされると良いでしょう。

 

高校生の歯並びや体の状態

高校生の歯列矯正。いつする?どうやって決めればいい?

高校生になると歯並びや顎の成長は終わりを迎え、お口の中の環境は大人とほぼ同じになります。

そのため、今の歯並びが今後自然に良くなるということはまずありません。

早い方だとこの頃から徐々に親知らずが成長し始めますが、生えてくる向きが悪い場合、隣合った歯を押して徐々に手前の方の歯にも負荷がかかり、結果的に歯並び全体が乱れてしまうことも考えられます。

「奥歯だから見えないし……」と安易に考えていると、知らない間に歯並び全体に大きな影響を及ぼすこともあるのです。

このように、高校生以降で悪い歯並びをほったらかしにしていると、生活するにつれてさらに悪くなってしまうという恐れがあります。

将来的に歯列矯正を考えているのなら、早い段階で治療を始めることでお口のトラブルを防ぐことにつながります。

 

歯列矯正で学生生活や大学受験、就職活動への影響は?親としてどうすればよい?

就職活動への影響

高校生のうちに歯列矯正を行うことで最も気がかりなのは、矯正治療が勉強や部活などの学生生活に影響を及ぼさないかどうかではないでしょうか。

また就職活動を視野に入れている場合には、歯列矯正が就職に影響することを懸念してしまうかもしれません。

親も本人も矯正器具による違和感や痛みは特に気になるところだと思います。

実際のところ通院の都度、矯正治療で力が加わると痛みや違和感が1週間程度続きますが、治療間隔や力のかけ具合を工夫することで影響を少なく出来ます。

ここでは、矯正治療をするにあたり当院で配慮していることやご家族の方にお願いしていることをご紹介します。

 

受験や就職活動に配慮した治療を行っています

受験や就職活動に配慮した治療

当院では、定期テストや大学受験のスケジュールに合わせて矯正装置の強さを調整したり、就職試験に向けて目立たない矯正器具を提案するなど、それぞれのライフスタイルを考慮した無理のない治療を提案しています。

将来的に歯列矯正を行いたいとは思っているけれど、時期やタイミングがわからない、いつ行うのがベストなのかわからないといった方は、是非一度お子さんと一緒にご相談にいらしてください。

 

治療を行う本人が主役。家族のサポートで、前向きに治療を行えます

家族のサポートで、前向きに治療を

高校生という多感な時期に歯列矯正を行うことで、親としてどう接すれば良いのか不安に思われる方も多いものです。

矯正治療を受けるのはお子さんご本人であり、一番不安を抱えていらっしゃると思います。そのため、治療を行う本人が「治療をしたい!」と思えるよう、ご家族で話し合い、納得の上で治療を始めていただきたいと思います。

また、ただ単に「歯並びが悪いから治す」というだけでなく、健康な歯の大切さや歯並びの重要性について話し合ったり、家族みんながデンタルケアについて高い意識を持っておくことが大切だと考えます。

 

悪い歯並びのデメリットは!?

矯正治療は、大人になってからでも間に合います。しかし、将来的に歯列矯正を行うつもりであれば、わざわざ悪い歯並びのまま放置しておくことに、なにもメリットはありません。

では、歯並びが悪いまま放置しておくと、どんな悪影響があるのでしょうか。

 

コンプレックスを抱え続けないといけない

コンプレックスを抱え続けないといけない

思春期の子どもたちにとって、見た目のコンプレックスは大人が想像する以上に大きいものです。

人前で話すことや友達との談笑さえ辛く感じたり、コンプレックスが気になって前向きな生き方ができなくなってしまうことも十分考えられます。

高校生という大切な時期、子供たちにはできるだけ楽しく笑顔で過ごして欲しいですよね。

早いうちに歯並びを改善しておけば、こうした心配を無くし、今まで以上に毎日を楽しく過ごせるかもしれません。

 

虫歯や歯周病のリスクが高くなる

虫歯や歯周病のリスクが高くなる

歯並びや噛み合わせが悪いと、歯と歯の隙間や複雑に重なり合った部分に汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病などお口のトラブルのリスクが高まります。

すでに虫歯や歯周病を抱えている場合は症状がさらに悪化したり、ひどい場合は若くして歯を失ってしまうことも考えられます。

噛み合わせを改善することは、大人になってからのお口のトラブルを減らし、健康な歯を維持することにつながるのです。

 

咀嚼能力が低下する

咀嚼能力が低下する

噛み合わせが悪いと歯と歯がうまく重なり合わず、咀嚼(食べ物を噛み砕く能力)に影響を及ぼします。

大人と変わらない体になったとはいえ、高校生の子どもはまだまだ成長途中。食べ物を十分に噛み砕けず胃や腸などの消化器官に負担がかかると、消化不良を起こしたり栄養が十分に吸収できず、健康面であらゆる影響が出ると考えられます。

 

左右均等に力がかからず、体の歪みにつながる

左右均等に力がかからず、体の歪みにつながる

歯の位置がずれていると左右均等に力がかからず、やがて体の歪みにつながってしまいます。

体が歪むことで、肩こりや腰痛、頭痛やめまいなどいろんな不調が生じてしまいます。

こうした症状に悩まされると、勉強に集中できなくなったりスポーツで力を発揮できないなど、活発に活動することができなくなってしまいます。

 

高校生の歯列矯正で行う治療方法や器具

高校生の歯列矯正で行う治療方法と費用

高校生になれば成人と同じ治療方法になります。

金属のワイヤーを使った矯正器具を2年ほど装着する方法が一般的ですが、最近では歯の色に近い白いワイヤーや歯の裏側だけにつける器具を使った治療方法、透明なマウスピースを使う治療方法などが主流になりつつあり、矯正治療中の見た目の問題を改善した治療器具が増えています。

部活や受験なども含めた一人ひとりのライフスタイルに合わせ、最適な治療方法を選べば、歯列矯正を行なっていても日常生活を快適に過ごすことは可能です。

 

当院の高校生の治療方法や矯正器具

当院で行う治療方法や治療期間、治療費についてご紹介します。

ブラケット矯正

ブラケット矯正

最も一般的な治療方法が「ブラケット矯正」です。

ブラケットと呼ばれる器具を歯の表側に装着し、ワイヤーを通して歯並びを改善します。

ブラケット矯正は治療中であることが目立ってしまうというデメリットもありますが、当院で標準使用しているセラミック製(ガラス)ブラケットは歯に近い色なので目立ちにくく、見た目の問題を大きく軽減することができます。

表面を白くコーティングした目立たないワイヤーもあり、クリアブラケットと組み合わせることでさらに目立ちにくくなります。

 

マウスピース矯正

マウスピース矯正

一人ひとりの歯型に合わせた薄い透明なマウスピースを装着する治療方法です。

当院ではインビザラインによるマウスピース矯正を行っています。

マウスピース矯正の大きな特徴は目立たないことと、必要に応じて取り外しができることです。

また、金属アレルギーなどでブラケット矯正ができない方でも歯列矯正を行うことができます。

 

高校生の歯列矯正の治療期間

治療期間

治療方法や歯並びの状態によって異なりますが、矯正の期間は約2年ほどが一般的な治療期間です。

治療中は、経過確認や調整のために1ヶ月に1回の頻度で通院が必要です。

矯正器具を外した後は、歯が元の位置に戻らないようリテーナーと呼ばれる装置をつけて、2年ほどかけて経過を観察する保定期間に入ります。

時間をかけてせっかく動かした歯を定着させるためにも、歯列矯正ではこの保定期間が非常に重要です。

 

高校生の歯列矯正の治療費

治療費

矯正治療では基本的な治療費に加えて、初回のカウンセリング費用、歯列矯正を行うための精密検査と診断、治療後の定期検診費用が必要です。

なお当院の初回のカウンセリング費用は無料です。

当院の実際に歯列矯正を行う場合の費用の内訳をご紹介します。

 

治療に入る前までに必要な費用

初診相談料・・・無料
精密検査・診断料・・・35000円

 

治療がスタートしてから必要な費用

高校生の治療基本料・・・70万〜85万円
毎回の処置料・・・1000〜5000円

 

当院の治療基本料には保定期間中の費用も含まれているため、毎回の処置料(装置の調整や交換、歯ブラシ指導、メンテナンス費用)以外に追加で費用をいただくことはございません。

また、ご家族、ご兄弟で治療を希望される方には割引制度もございます。

歯列矯正の費用は高額なため、不安を抱えている方も多くいらっしゃいます。ご不明点がれば、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

まとめ

高校生の歯列矯正にかかる費用や治療期間

思春期から青年期へと心も体も成長する高校生の子どもたち。

今のうちに矯正治療を始めておくことは、これからの人生を豊かにするきっかけになるでしょう。

当院は、治療に向けたご相談、治療方法や費用に関するご質問だけでも対応しています。お子さんの歯並びが治療すべきかどうかというカウンセリングも可能です。

クリニックの雰囲気や通いやすさ、継続しやすさなども含め、歯列矯正を考えている方はぜひ一度ご相談にお越しください。

 

Check Point

■当院では治療の来院間隔や力のかけ具合を工夫することで大学受験や就職活動に配慮した治療を行っている。

■悪い歯並びは見た目のコンプレックスだけでなく、体の健康にも影響

■当院で高校生で使用する矯正器具はブラケットやマウスピースを使用

■高校生の矯正治療の治療期間は2年前後で、通院頻度は1ヶ月に1回

■当院での高校生の矯正治療の費用はトータルで90万円前後

 

 

コンセプトブログ