お知らせ

冬季休暇と見学相談会のお知らせ

 

<当院の患者様へ>

12月31日(日)から1月4日(木)まで冬季休暇を頂きます。1月5日(金)より通常通り診療致します。よろしくお願い致します。
なお、冬季休暇中も電話、メールでの問い合わせには対応致しますので、ご予約、ご相談がございましたらご連絡下さい。

 

<矯正相談を検討されている方へ>

1月7日(日)と1月8日(月)に見学相談会を行います。ご予約不要で、院内の見学や矯正相談が行えますのでご家族でお気軽にいらして下さい。

 


日本矯正歯科学会の認定医を取得しました!

 

 

新川崎おおき矯正歯科院長の大木です。

この度、無事に日本矯正歯科学会の認定医の資格を得ることができました。今回の取得に当たりご協力していただいた東京歯科大学の医局の先生方、大学病院の患者様には心から感謝申し上げます。

さて、歯列矯正をお考えなっている方の中には認定医という制度をご存知がない方もいらっしゃると思いますので簡単にご説明させていただきます。

日本矯正歯科学会の認定医の先生ってどれくらいいるの!?

歯科医師が10万人いる中で、矯正治療を行っている歯科医師は約2万でおよそ5人に1人という統計データーが出ています。なぜ、すべての歯医者さんがやらないかというと学生時代に矯正治療の知識については教わるものの、大学卒業後まで患者さんに対して矯正治療を経験する機会がないためです。矯正治療を学ぶために大学卒業後に大学病院や矯正専門クリニックに勤務したり、矯正セミナーに参加してはじめて矯正治療ができるようになります。

しかし、この矯正治療を行う2万人の歯科医師の中でも日本矯正歯科学会(日本で最大の会員数を誇り、最も歴史のある学術機関)が設けている"認定医"という資格を有している者はわずかに約3000人と2割程度しかいません。

なぜ、ここまで減るかというと認定医の資格を取るために色々と試練があるためです。

日本矯正歯科学会の認定医の資格を取るために必要なことは?

矯正専門医が常駐しているか
・日本矯正歯科学会で5年以上会員であること

・2年以上大学の矯正学講座で研修を積んだ後、学会が認定した指導医の下でさらに3年以上矯正歯科に専門的に従事すること

・学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する論文を発表した者

上記の3つを満たしたものがやっと認定医の受験資格を得られます。

そこからさらに10症例の書類提出や2症例の歯型模型の展示、口頭での試験を受け、これらに合格した者がはじめて日本矯正歯科学会の認定医と名乗ることができるのです。

部分矯正治療やマウスピース矯正治療(インビザラインなど)の症例は対象外で、全体治療でのブラケット装置を用いた技術が求められますので矯正治療を専門にやられてない先生にはかなりのハードルとなります。

常勤の認定医がいることが歯列矯正の病院選びの判断基準の1つ

このことから日本矯正歯科学会の認定医は大学病院やそれに準ずる施設に勤務してトレーニングを積み、自分自身で治したことを証明する資格の一つと言えます。

矯正治療は矯正治療専門のクリニックがあるくらい専門性が高い分野ですが、実際にはスマホやパソコンで”矯正”と検索すると多くの病院が出て困ってしまうものですよね、、、

そんなお困りの方には、”認定医の資格をもった矯正専門医が常勤である”ことがクリニックを選ぶ際の判断材料としてよいのではないかと思います。

下記に神奈川の認定医の先生方の名簿一覧のサイトを載せますので、矯正治療を検討される方はご参考までに。

日本矯正歯科学会の神奈川の認定医・専門医の名簿一覧


平間からおおき矯正歯科へのアクセス

 

新川崎おおき矯正歯科は平間駅から近い歯列矯正専門のクリニックです。

今回は平間駅を中心にご紹介させていただきます。

平間は中原区の上平間と幸区の下平間がありますが、これはかつて江戸時代初期に幕府の方針で上平間村と下平間村に分けられてからのようです。(やさしい川崎の地名)

平成29年の人口は下平間7,889人で上平間10,580人です。(川崎市平成29年度町丁別世帯数・人口)

 

平間駅は川崎市中原区田尻町にあり、1927年に南武鉄道の平間停留場として開業し、現在に至ります。2016年度の1日の乗車人員は平均で14,344人です。(JR東日本 2016年度各駅乗車人員)

平間駅の改札を出てすぐのところに商店街があり、そこでは精肉店や八百屋などの昔ながらのお店が並び、下町情緒あふれる通りとなっています。平間銀座商店街では夏にサマーフェスティバルが開催され、週末はにぎわいます。

また、駅近くのモスバーガーは神奈川で一番古いお店だそうです。

 

駅の橋から線路の両方を見ると、南北に新川崎・鹿島田と武蔵小杉の高層ビルがそれぞれ見ることができます。今後も平間を含め、周辺地域の街並みの変化にも目が離せませんね。

平間にお住まいの方で、歯並びでお悩みであれば当院に一度、矯正相談にいらしてください。

平間駅から当院最寄り駅の鹿島田まではわずか2分の乗車です。

また、当院へお車でお越しの場合は最寄りの駐車場をご利用ください。

当院へのアクセスはこちらをご参考下さい。


おおき矯正歯科は川崎市立川崎病院と提携しています。

 

 

新川崎おおき矯正歯科の歯科医師は川崎市立川崎病院の連携登録医です。

川崎市立川崎病院は1904年の伝染病組合病院からはじまり、現在は地域医療支援病院として川崎南部の地域医療に貢献されており、医療系のテレビドラマで有名なドクターXや白い巨塔のロケに使われたこともあるそうです。当院がある鹿島田・新川崎エリアからも近く、川崎市川崎区に位置しており、川崎駅東口からバス5分の所にございます。

当院は歯列矯正専門のクリニックのため、虫歯や抜歯などの処置は基本的には行っておりません。そのため、かかりつけの一般歯科医院さんに

・虫歯や歯周病の治療、

・予防処置(クリーニングやシーラント処置)

・矯正の際に必要な小臼歯抜歯(前から4、5番目の歯)や乳歯抜歯

を依頼しております。また、かかりつけ歯科医院がない場合にはこちらからご紹介いたします。

 

川崎市立病院への通院をお願いする処置内容は!?

ところが、一般歯科でも困難な外科処置の場合、川崎市立病院の口腔外科の先生にお願いしております。具体的には、

・正中埋伏過剰歯の抜歯

・埋伏智歯(親知らず)の抜歯

・埋伏歯の開窓牽引

のような外科手術の場合です。

特に、子供の矯正相談の際に正中埋伏過剰歯が見つかった場合や、成人の矯正治療の際に親知らずの抜歯が必要な場合に川崎市立川崎病院に依頼することが多いです。

顎の幅は小さく、親知らずの生える隙間が足りないことで、きれいにまっすぐ生えずに斜めになってしまう方が多いのですが、斜めに生えることによって以下のリスクがあります。

 

斜めに生えてしまう親知らず(智歯)が起こしうるリスク

・隣の歯を押す力が働き、不正咬合を引き起こしたり、矯正治療後の後戻りの原因となる可能性がある。

・矯正治療中に前の歯の動きを阻害してしまう場合がある。

・歯の頭が半分露出している場合、歯と歯肉の境目に汚れ(プラーク)がたまりやすいが、奥にあることで歯ブラシで磨くことが難しいため虫歯や歯茎の炎症が起こりやすい。

・歯の周囲に嚢胞が形成された場合、無症状で周囲の骨が溶けてしまう。

このように、斜めに埋まっている親知らずが矯正治療やお口の健康面において厄介な存在となりうる場合は、治療の内容によって治療前、治療中、治療後のいずれかの段階での抜歯を検討しております。

しかし、埋伏智歯を抜歯する際、歯根が下顎神経という唇の感覚に関係する神経と近い場合にはCT撮影で三次元的に位置を確認をして、慎重に抜かなくてはなりません。そのため、当院では外科処置を専門とし、智歯抜歯に慣れている口腔外科の先生にお願いしています。川崎市立川崎病院は土、日、祝祭日が休診となっているため、学生や社会人の方は日程の調整が必要となりますが、やはり専門の先生にお任せした方が安心です。

当院の患者さんがお口の健康に関して安心して過ごしていただけるように、これからも近隣の病院や歯科医院と連携して地域に根付いたクリニックを目指してまいります。

川崎市立川崎病院に関して詳しくはこちらをご覧ください。

川崎市立川崎病院ホームページ


鹿島田商店会のハロウィン

 

鹿島田商店会のハロウィンイベントがありました。

仮装して、スタンプラリーマップにのっている鹿島田商店会のお店に行くとお菓子がもらえます。

そして、全てのスタンプが集まったら抽選に参加できて、商品券などがもらえる素敵なイベントです。

 

当院のスタンプは歯の形にしていただきました。

手作りでいい感じです♪

台風の影響で前日から雨が降っており、開始の11時になっても雨がザーザー、、、、

今回、ハロウィンイベントは初参加だったので、こんな状況で子供たちは来てくれるのだろうか、、、と心配していたのですが、

開始早々にかわいらしいかっこうをした3人の女の子たちが来てくれました♪

※白雪姫と警察官とアルパカ(!?)さんが来てくれました♪

 

ふぅ、、、よかったと思ったら束の間、ぞろぞろと多くのお子さんが来てくれて、階段に行列ができてしまいびっくりです!

当院は院内履きだったのですが、これではまずいと思い、玄関口にて高速でスタンプ連射とお菓子を渡すことに。

※いっぱいあったお菓子がどんどん減っていきます!

 

雨でスタンプを押すマップが濡れて、インクがにじんでいたり、ボロボロになり原型をとどめてないものも、、、、

けどそんな中でも集めに来てくれる子供達すごいですね。お父さん、お母さんもおつかれさまです!

バズライトイヤーやカマを持った死神など個性的な仮装を男の子がいて、こちらも見ているだけで楽しかったです。当院の患者さんや以前、矯正相談にいらしてくれた子たちも来てくれました。

予定通り12時に終了し、大量にあったお菓子も全て無くなりました。たくさんの子たちが来てくれて、元気をもらった1日でした♪

商店会の皆さん、おつかれさまでした。

ハッピーハロウィン!

今回のハロウィンイベントのほかにも鹿島田の商店会では定期的にイベントやマルシェをおこなっているのでご興味のある方はこちらをご覧ください。

鹿島田プチマルシェ facebook


日本矯正歯科学会の様子

 

先日、札幌で行われた日本矯正歯科学会に参加しました。

今回は認定医取得の審査のために学会前日から現地入りし、2症例の治療前後の模型とファイルを持参しました。

審査前に万が一、模型が割れてはいけないため電車や飛行機に乗る際は手持ちで大事に抱きかかえていました。

乗る予定だった飛行機が、機材の不備等で2時間くらい遅れてようやく搭乗、、、、などのトラブルがあり

ヘトヘトになりながら札幌に無事到着し、その日の夜はいくら丼や羅臼産のほっけを食べて元気をつけました。

札幌では〆にパフェの文化があるようで、最後におしゃれなパフェのお店に移動して、いただきました。

やっぱり、おいしい食事はいいですね!!

 

※いくら丼、最高でした!

※メロンをふんだんに使ったパフェ

 

そして、次の日から学会が開催されました。

学会初日に認定医審査があるため朝9:00に会場に到着し、認定医審査用の症例を展示しました。

今年の認定医の申請者は100名くらいのようで、いろんな大学の先生や開業医の先生がせっせと準備をしていました。

この写真は私の展示したものですが、これがズラーっとならんでいます。

何百もの模型があるので異様な雰囲気です。審査する先生も大変ですね、、、

 

午後から口頭試問があり、2症例のうちの片方を根掘り葉掘り質問されます。

矯正専門の先生は、患者さんの歯並びをきれいに治すことはもちろんですが、治療前と治療後のレントゲン写真を重ねて、予測していた動きからどれくらいズレがあるか、

この治療の反省点は何かを考察して、日々上達していきます。口頭試問ではこのような考察が行われているかをチェックされます。

大学病院の矯正科に所属していたころからずっとこの考察のトレーニングをしていたかいがあり、無事に審査が終わりました。12月に合否判定があるそうなので気長に待つとします♪

いままで指導していただいた大学病院の先生方、ありがとうございました!

 

そして、この日の夜も頑張った自分へのご褒美に夜パフェしにいきました。

ネットでも有名な店で、平気で1時間待つという事前情報を仕入れながら覚悟して入店することに。

待つ時間を気にする方はお断りの変わったお店で、店内のいたるところに注意書きが貼ってありました。

夜の8時から独特な雰囲気の中で待つこと4時間、、、、、

 

やっとパフェが届いて、同行した先生と一種のやりとげた感動を味わいました。

味の方も今まで食べたアイスの中で一番おいしくて今思えば4時間まったかいがあったなと思います。

そして認定医審査が終わった安堵とパフェに満足して就寝。

 

次の日は3箇所貸切られている会場を渡り歩くことに。

一つ目の会場には日本臨床矯正歯科医師会のブレーススマイルコンテストの掲示板がありました。

 

ブレーススマイルコンテストとは、矯正治療中の方を対象にした写真コンテストです。

まだまだ日本では矯正治療って恥ずかしいというイメージをもつ人が多く、そのイメージを変えてくれる素晴らしい企画です。掲示板前に投票箱があり、学会に参加した先生たちが投票していきます。

皆さん、素敵な笑顔なのでどれにするか迷いました、、、当選者はディズニーのペアチケットなどの商品があるみたいですよ。

いつか当院の患者さんもエントリーしていただけるとうれしいなと思います。

 

また、商社展示も行われており最新の装置や器具を見ました。

学会だとセールでお安くなっていることもあり、爆買いする先生もいます。

今回は歯科矯正用アンカースクリューや最近、患者さんから希望が多いホワイトワイヤーを購入しました。

ワンフロア貸し切りで製品がならんでいるので、すべて見ようとすると少なくとも2~3 時間かかります。

 

別会場では講演を聞きに行きました。

午前中は埋伏犬歯に関する内容についてききました。当院でも上顎の犬歯が将来的に生えてくるのが難しそうな患者さんもいるため、とても勉強になりました。

また、午後の講演では一時話題となった加速矯正やスピード矯正に関する講演を聞きました。

矯正の治療期間を短くするために振動や近赤外線、コルチコトミーやピエゾシジョンなどの外科的介入、薬の投薬などの様々な方法がありますが、

これらの方法ははたして効果があるのか、歯・歯周組織に侵襲がないのかについての大変興味深い内容でした。

それぞれの方法に賛否両論があり、まだまだ確固たる結論はでていないとのことです。

これからも慎重に経過を追っていき、患者さんにとって有効であれば当院でも導入していこうと思います。

※長い矯正の治療期間が短くなることは患者さんにとってうれしいことですが、、、

 

最後に認定の審査が行われた会場に行き、様々な先生の症例を拝見させていただきました。

特に専門医の審査で用いられた模型や症例をじっくりとみました。

ベテランの先生方や流派の違う先生方の症例を拝見して、学べることも学会参加するメリットです。

 

今回の学会は認定医の審査、矯正機材の買い物、矯正の勉強、そしておいしい食事ととても充実した内容でした。

今後も学会に参加して、多くのことを学んでいこうと思います。


お花を頂きました。

 

こんにちは。ここ何日間かずっと雨続きでしたね。院内も暖房と加湿器を稼働させる日が多くなって参りました。

先日、他院の先生から開業のお祝いで造花を頂きました。

このお花の名前はなんと言うんでしょうか?渋みのあるオレンジ色の花弁がとても綺麗です…

精巧に美しく作られている造花は、ついしげしげと眺めてしまいます。

受付に飾ってありますので、来院された際は是非ご覧下さい。

 

受付 大木 友里


10/17~10/20は日本矯正歯科学会に参加のため休診にさせていただきます。

 

 

新川崎おおき矯正歯科院長の大木です。

10/17~10/20に札幌で行われる学会のため休診とさせていただきます。

当院の患者さんで、装置にトラブル等がございましたら、電話対応を受け付けておりますのでご連絡下さい。

 

日本での歯列矯正に関する学術団体は、

『日本矯正歯科学会』

『日本矯正歯科協会』

『日本臨床矯正歯科医会』

『日本成人矯正歯科学会』

の4 つが代表的ですが、これらの他にも日本舌側矯正歯科学会、日本口腔筋機能療法学会、、歯科矯正用アンカースクリューの勉強会などそれぞれの分野に特化した団体も存在し、矯正専門医の多くはこれらの学会の複数またはいずれかに所属しています。

各団体ごとに、認定医や専門医や指導医などの資格制度があり、それらを取得するために課された症例の発表や試験で合格する必要があります。

 

今回、私は日本最大規模の『日本矯正歯科学会』に参加し、日本矯正歯科学会の認定医の取得試験を受けにいきます。

今年で学会に所属してから5年以上などの日本矯正歯科学会の認定医の取得条件が満たされました。

6月に10症例の症例の書類審査を合格し、今度の10/18に学会会場で行われる二次審査を受ける予定です。

二次審査では2症例の治療前後の歯型模型を持参して、実際にどれくらいきれいに噛んでいるかの評価と口頭での試験で合否判定されます。

認定医を取得することで、矯正専門医としての一つの箔がつきます。無事に合格できるよう頑張ってきます!

 

 

 

他にも、学会への参加は以下の点でクリニックや患者さんの治療の質の向上に役立ちます。

①各地域や海外でご活躍されている先生方の口演やポスター発表を見ることで、現在の矯正治療の主流や新しい技術・アイディアを学ぶことができます。様々な先生とお話をする機会があり、情報交換の場でもあります。

➁自身の研究を発表することで矯正界の発展に貢献したり、自分へのモチベーションにもつながります。

➂歯列矯正で普段使う材料や器具の展示があり、大きな学会では70社を超える企業が出展しています。そこで、最新の材料や器具を自分のクリニックに導入します。

④矯正の技術だけでなく、経営やスタッフ教育の話も行われます。

 

これ以外にも、学会では毎年場所を変えて行われるので開催地のおいしいごはんを食べることも楽しみの一つです♪


キッチンのおもちゃ

 

こんにちは。日毎に秋めいてきて、過ごしやすい季節になりました。

開業して以来お世話になっている税理士さんから、おもちゃを頂きました。

欲しいおもちゃをリクエストして良いとの事だったので、以前から気になっていた木製のキッチンセットをお願いしました。

非常にシンプルな作りのおもちゃなのですが、赤ちゃんから5、6歳の子まで幅広い年齢のお子様が遊んでくれています。ケーキを切り分けたり、果物で炒め物を作ったり…お子様によってそれぞれ遊び方に個性があるのが面白いですね。

このキッチンのおもちゃは受付の中のこどもコーナーに置いてあります。

お連れになられているお子様を受付でお預かりする事もできますので、是非お声掛け下さい!

受付  大木 友里


鹿島田駅に看板

こんにちは、新川崎おおき矯正歯科院長の大木です。

鹿島田駅の東口出口に当院の看板を設置しました。

駅周辺には多くの広告媒体があるのですが、今回は見やすい大きな電飾看板にしました。

院内やホームページの雰囲気とマッチするデザインにしました。

歯並びはご自身やお子様の今後のライフイベント(就活や結婚式など)に大きく携わる1つと考えているため、

一人でも多くの方が豊かな人生を送れるお手伝いができたらと思い、

『美しい歯並びで豊かな人生を。』というメッセージを載せました。

矯正治療は費用、痛み、治療中の見た目などのなかなか治療をするにはハードルが高く感じますよね、、、。

当院では最大18回の分割支払い・分割手数料0円等の支払方法、痛みに配慮した治療・鎮痛剤、目立たない矯正装置をご用意しておりますのでご興味があれば一度、矯正相談にいらしていただければと思います。

これからも一人一人の患者さんを大切に、丁寧な治療を心がけてまいります♪