永久歯が生えない!?【その1】先天性欠如の原因や治療法について徹底解説!

お子さんの永久歯が生えてこないと心配になりますよね。

永久歯が生えない原因は大きく分けて、永久歯が足りていないパターン(先天性欠如)と永久歯があるにも関わらず生えてこないパターン(萌出遅延・埋伏)に分けられます。

永久歯が生えてこない場合、早期に発見して準備するに越したことはありません。

今回は永久歯が生えてこないパート1として、永久歯が足りていない「先天性欠如」について解説します。

 

歯が生えない原因の1つ、先天性欠如とは!?

生まれながらにして歯が足りない状態を「先天性欠如歯」と呼びます。

永久歯が顎の骨に中で「歯胚」という歯のもととなる細胞の集まりから育ち続けて動くと、その上にある乳歯の根っこが溶けて短くなり、やがて抜け落ちます。

これが通常の歯の生え変わりでみられる現象ですが、永久歯が存在しないと乳歯の根っこは吸収されないため、大人になっても永久歯が生えるべき場所に乳歯が残った状態になります。

2007~2008年に行われた日本小児歯科学会の全国調査によると、子供の10人に1人の割合で「永久歯の先天性欠如歯」であることがわかりました。

1クラスが30人だった場合は3人程度いる計算になりますので、なかなか高い頻度であると言えます。

また、特に側切歯(前から2番目の歯)と第二小臼歯(前から5番目の歯)の欠如が起こりやすいという結果がでています。

これらは学校で行われる歯科検診ですぐに判明するものではありません。

なぜなら、歯の生え変わりには個人差があるため判断しにくいこと、レントゲンを撮らないと顎の骨の中にある永久歯の状態が分からないことが挙げられます。

そのため、当院では永久歯がなかなか生えてこない場合、小学校2~3年生までに一度レントゲン撮影による確認をおすすめしております。

 

なぜ歯が足りない!?先天性欠如の原因について

遺伝や歯をつくる過程で栄養の欠如・薬の副作用・全身疾患・感染・外傷など様々な原因が考えられていますが、まだはっきりとした因果関係は分かっておりません。

また、柔らかい食事を摂るようになった現代人の顎は昔の方に比べ小さくなり、親知らずの本来あるべき本数も減少しています。

これと同じことが他の歯にも起こり、進化の過程として歯の本数が少なくなる傾向にあると考えられています。

 

どんな場合に永久歯の先天性欠如を疑う?

永久歯の先天性欠如のリスクが高い方をご紹介します。

以下のことに該当する場合は、一度、歯科医院での相談を行うとよいでしょう。

早期に発見することで、計画的に治療や様子をみることができます。

 

親族に先天性欠如の方がいる

身長やお顔立ちと同じように、歯並びや歯の本数も影響を受けると言われています。

両親のどちらかが欠如している場合、要注意です。

 

乳歯が欠如または癒合歯

「癒合歯」とは隣同士の歯がくっついて一塊の状態で、乳歯の前歯に多くみられます。

特に➀~➂の場所に乳歯の癒合歯が起こりやすいと言われています。

➀下顎の乳側切歯と乳犬歯

➁下顎の乳中切歯と乳側切歯

➂上顎の乳中切歯と乳側切歯

※乳中切歯:前から1番目、乳側切歯:前から2番目、乳犬歯:前から3番目

乳歯が欠如や癒合歯の場合、下にある永久歯が欠如している可能性が高くなりますが、永久歯が存在する場合もありますのでしばらく様子をみてみましょう。

 

乳歯がいつまでも残っている、歯の生え変わりに明らかな左右差がある

歯の生え変わりはある程度バラツキがあるため、一概に何歳までに乳歯が抜けてないといけないというような明確な目安はありませんが、

明らかに乳歯が本来抜けるべき時期にもかかわらず、グラグラと動揺せずに残っている状態は疑ってみましょう。

また、反対側と比べて歯の生え変わりが明らかに遅れており半年以上たっても変化がない場合も要注意です。

 

歯が足りない場合の歯並びへの影響は?

では、実際に先天性欠如をそのままにしていた場合に起こりうる影響についてご説明します。

永久歯がないことで、代わり残っていた乳歯も虫歯や寿命によって抜け落ちると、その分の隙間がぽっかりとできてしまいます。

その隙間をさらに放置していると他の歯が隙間に向かって動く傾向があるために、様々なトラブルを引き起こすことがあります。

 

すきっ歯(空隙歯列)

歯並び全体はスカスカの状態である「すきっ歯」となり、食べ物が歯と歯の間に詰まりやすくなることが考えられます。

 

正中のズレ


お顔の正中に対して理想的には上下の歯並びの正中が一致しているのが審美的に理想ですが、隙間のある方へ動いてしまうことでお顔と歯並びの正中に大きなズレが生じてしまいます。
 

隣の歯が傾く、かみ合う歯が伸びる


隣り合う歯が傾き始めたり、かみ合う歯が上に伸びてきて歯並び全体を悪くすることが予想されます。

 

歯が足りない場合の治療法

先天性欠如であるにも関わらず、ずっと放置してしまうと上記のような歯並びへの影響がでてしまうことがご理解いただけましたでしょうか?

対処が遅くなってしまうと、悪くなってしまったところを治すために期間や費用も余計にかかってしまうため、先天性欠如の有無を早期発見し、計画的な治療を受けることが望ましいと言えます。

治療の方法として、ブリッジやインプラントなどの人工の歯で欠如した箇所を補う「補綴治療」による方法と、かみ合わせを治す「矯正治療」による方法のいずれか、または両方が必要となってきます。

ではそれぞれの、治療法についてみていきましょう。

 

補綴治療による治療法

補綴治療では両隣の歯を削って欠如部に人工歯を入れるブリッジや、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込むインプラントによる方法が考えられます。

デメリットとしてお口の中に人工物が入ってしまうこと、長持ちさせるために定期的なメンテナンスが必要であることが挙げられます。

 

矯正治療による治療法

矯正治療で歯を動かして欠如部の隙間を埋めることにより、将来的に人工物を入れずに済むことが可能になります。

顎の骨が健康で、歯が動きやすい若い年齢から行う方が有利であるといえます。

一方で、補綴治療と比べて期間がかかることがデメリットとしてあげられます。

また、補綴治療で最終的に欠如部を人工歯で補う際も、隣の歯が大きく倒れこんでいたり、噛み合う歯が伸びている場合には矯正治療で整える処置が必要になります。

※2012年度から6本以上の先天性欠如歯がある場合、「指定自立 支援医療機関(育成・更生医療)」の指定を受けている矯正歯科医院または病院での治療に限って、健康保険が適用されるようになりました。

 

歯が足りない場合の治療のタイミング

では、先天性欠如だった場合いつから治療を始めればいいのか気になるところですよね。

下に永久歯のない乳歯の寿命は個人差がありますが、20~30代、稀に40代や50代の方でも乳歯が残っていることがあります。

しかし、乳歯は永久歯と比べて根っこが短く、歯質自体が弱いために虫歯になりやすいことから、一生ずっと使い続けることは非常に難しいと考えていただいてよろしいでしょう。

治療のタイミングは2つに分けられ、
子どもの段階から矯正治療で計画的に乳歯を抜歯して欠損部を埋める場合と、成人後もなるべく乳歯を残してダメになってから補綴治療で治すという場合が考えられます。

なるべく乳歯を残すためには、毎日の歯ブラシやかかりつけ医でのメンテナンスが非常に重要になってきます。

このように治療を開始する年齢や患者さんの考え方によってタイミングや治療法が異なる場合があります。

早期に発見することで、これらの治療の選択の幅が広がります。

 

まとめ

永久歯が足りない「先天性欠如」が判明した時点で、何かしらの歯科治療が必要になったことがご理解いただけましたでしょうか?

放置することが後々のトラブルにつながるため、早期発見することがとても重要であると言えます。

まずは、お子さんが7歳前後の時にお近くの歯医者さんで確認していただいてみてはいかがでしょうか?

 
 

医院ブログ