小学生の矯正の時期、費用、期間について

将来的に自分の子供は歯列矯正が必要とは思うけれど、どのタイミングで行えばいいのか、歯列矯正がすぐに必要なのか、わからないことがたくさんあって不安な方のも多いでしょう。

小学生頃の多感な時期のお子さんにとって、歯列矯正が負担になることも心配ですよね。

お子さんが歯列矯正をすることに不安はつきものですが、早いうちに行なっておくことで将来的な負担が軽くなったり、コンプレックスや見た目によるメンタル面の負担も軽くすることができます。

今回は、小学生のお子さんの歯列矯正についてお話しします。

小学生の矯正治療の目的

小学生の歯列矯正は永久歯列に向けての予防

大人の歯列矯正はすでに悪くなってしまった永久歯列の歯並びを治療することになります。

一方で、小学生の歯列矯正は子供の歯と大人の歯が混ざった混合歯列から治療を始め、将来の永久歯列で悪い歯並びにならないため、またはこれ以上悪化させないための予防治療です。

永久歯がスムーズに生えそろうようにスペースを確保したり、顎の骨の成長を良い状態に促したりなど子供ならではの治療を行います。

もちろん、大人になってから歯列矯正を行っても十分間に合いますが、歯並びや骨格のコンプレックスを大人になるまで抱え続けてしまうと、人との会話やコミュニケーションが苦手になったり自分に自信が持てなくなってしまうなど、心の成長に影響を及ぼすことも考えられます。

早くから歯並びに関して取り組んでおけば、そうした精神的なリスクを取り除くことができ、心身ともに健やかに成長することができるのです。

当院ではこれらの予防の面、幅広い治療が可能な面、精神的な面から小学生で始める矯正治療をおすすめしております。

 

小学生で矯正治療を始めるメリット

小学生で矯正治療を始めるメリット

  • 骨格(顎)の成長に合わせ、正しい歯並び・噛み合わせを促すことができる
  • 骨が柔らかく、歯を動かしやすくて痛みが少ない
  • 将来的に永久歯を抜かずに治療できる可能性が高くなる
  • 将来的に矯正治療期間を短くできる、矯正治療が不要な可能性が高くなる
  • 将来的な虫歯や歯周病などのリスクが低くなる
  • 精神面での健やかな成長が期待できる
  • 顎の成長を正常に促すことができる
  • 指しゃぶりや爪をかむくせ、お口をポカンと開ける癖を早期に改善できる

 

歯並びの悪さから起こる悪影響とは?

歯並びの悪さから起こる悪影響

体と心がどんどん成長する小学生の子どもたち。歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病だけでなく、運動能力やメンタル面にも影響を及ぼしてしまいます。

 

  • 歯の隙間に汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  • スムーズに咀嚼(そしゃく)できず、食べ物を十分に噛み砕けなくなる
  • 咀嚼が不十分で胃腸に負担がかかり、栄養を十分に吸収できなくなる
  • スポーツや運動能力に支障が出る
  • 歯の隙間から空気が漏れ、正しい発音ができない、滑舌が悪くなるなどの影響が出る
  • 人前で話すことや人とコミュニケーションをとることが苦手になる、消極的な性格になってしまうこともある

 

小学生の矯正治療のタイミング

小学生になると歯の生え変わりや身長の伸びるタイミングなど人それぞれ。

毎年の学校健診で歯並びの悪さを指摘され、いつから矯正治療を始めればよいかお困りの方にどのタイミングに合わせて矯正治療を開始すればよいかを解説します。

 

成長段階によって異なる治療内容

小学生の歯並びの特徴と、歯列矯正を始める最適な時期
 

小学校低学年の頃に、子どもの歯(乳歯)と大人の歯(永久歯)が混在する「混合歯列期」になります。

この時期は顎の幅が治療により広がりやすく歯の生え変わりが頻繁に起こるため、必要に応じて顎を広げたり、奥歯や前歯を動かしてこれから生えてくる永久歯をできるだけきれいに生えるようにする治療が行われます。

また、この時期は下顎に比べ上顎の成長が旺盛なのですが、受け口で前歯のかみ合わせが逆の状態ですと上顎の成長が抑えられてしまうため、早めに改善して上顎の正しい成長を導いてあげる必要があります。

小学校高学年の頃になると、乳歯が無くなり永久歯がそろう「永久歯列期」となります。

この時期では上顎に比べて下顎の成長が旺盛になるため、出っ歯のお子さんには下顎の成長を促す治療を行います。

治療が落ち着いたら成長や生え変わりの様子を見て、大人と同じ本格的な矯正治療を開始します。

 

小学生の矯正治療の開始時期の目安

一般的に小学生が歯列矯正を行う時期の目安は、小学校の2~3年生がよいと言われていますが歯並びや生え変わりの状況によって異なります。

お子さんの歯列矯正を視野に入れているのであれば、第一大臼歯(6才臼歯)が生えて上の前歯4本が生え変わった小学校低学年頃に一度、矯正相談をしておくと、お子さんの歯並びや成長に合わせたベストなタイミングで治療をスタートできます。

また、自然に治る可能性が低い噛み合わせや顔の形が歪んでしまうような場合、お子さん自信身が見た目を気にしている場合などは、早い段階から治療をスタートしても良いと考えます。

心と体が大きく成長する多感な時期の精神的なストレスを緩和するためにも、当院では積極的に小学生の歯列矯正の相談・治療を行なっています。

 

歯列矯正の相談を受けるメリット

  • お子さんの現在の歯並びや顎の状態を確認できる
  • お子さんに合わせた矯正スケジュールを知ることができる
  • 少し早くても必要であれば治療をスタートできる

 

どのような状態なら始めた方がいい?矯正治療を行うべき歯並び

矯正治療を行うべき歯並び

自分の子どもがそもそも、歯列矯正を始めたほうがよい状態なのかわからないという方も多いでしょう。

子どもの歯並びや骨格がどのような状態だと、歯列矯正を検討するべきなのでしょうか。

 

不正咬合と指摘された

学校の歯科検診などで「不正咬合」と指摘された場合は、歯列矯正の相談を受け、治療が必要かどうかを確認しましょう。

顎の成長や噛み合わせに悪影響を与えてしまう原因を早めに取り除き、歯と顎の正しい機能を保つことで、将来的な負担を軽減できます。

 

永久歯がなかなか生えてこない

学校の歯科検診で指摘されていなくても、実は将来的に不正咬合になるリスクが潜んでいます。

それは永久歯が先天的に無い場合やおかしな方向に向かって生え始めている状態です。

レントゲン写真を撮影すれば顎の骨の中にある永久歯の状態がわかりますが、学校の検診ではここまでは分かりません。

早期に発見することで早めの対処ができます。

 

小学生の矯正治療の費用や治療期間、方法は?

小学生の歯列矯正。費用や治療期間、矯正治療の方法

小学生の歯列矯正は「1期治療」「2期治療」があり、顎の成長や歯並びによって治療方法が異なります。

一般的に1期治療は永久歯が生えそろうまでに行う治療。

1期治療のあと、歯並びや顎の成長の状態を見て必要なら2期治療に移ります。

 

1期治療

1期治療

永久歯が生えそろうまでの幼稚園年長~小学校ごろに行う治療で、永久歯がきれいに生えるように顎の成長や歯並びのバランスを調整することが目的です。

顎が小さく永久歯が入りきらない場合には顎を大きくする治療や奥歯を動かしたり、噛み合わせのバランスを整えたりすることで、永久歯が生えやすい状態にします。

 

当院で使用する矯正器具

固定式や取り外し式の拡大装置、下顎の成長を促すバイオネーターやツインブロック、上顎の成長を促すフェイシャルマスクなど矯正専門クリニックならではの多種多様な装置を取り扱っており、お子さんの歯並びや性格に合わせた治療が可能です。

 

治療期間

矯正の治療期間は約1~2年ほど。1~2ヶ月に一度通院し、経過を確認します。

1期治療の状態によっては2期治療が不要になったり、簡単な治療で歯列を整えることができる場合もありますが、1期治療を終了して2期治療に進む場合は、永久歯が生えそろうまで少し期間をあけます。

 

1期治療にかかる費用

1期治療に必要な費用は、精密検査などの初期費用や定期検診での処置料を含め、40〜50万円前後です。

 

■治療に入る前までに必要な費用

初診相談料・・・無料
精密検査・診断料・・・35000円

 

■治療がスタートしてから必要な費用

1期治療(〜12歳頃)の基本料・・・35万〜45万円
毎回の処置料・・・1000〜5000円

 

2期治療

2期治療

永久歯が生えそろう小学校高学年あたりからの治療で、成人の歯列矯正と器具や治療方法はほぼ同じです。

1期治療が終了後、歯の状態に合わせて2期治療に移行します。

ブラケットやマウスピースなどを用いて歯並びや噛み合わせを整えます。

 

当院で使用する矯正器具

成人矯正で使用するようなブラケット装置やマウスピースで歯並びを改善します。
治療中の見た目が気になるお子さんには、白い材質の目立たない器具を使用します。

 

治療期間

矯正の治療期間は約2年ほどで、装置調整やワイヤー交換のための通院が1ヶ月に1回程度必要です。
2期治療が終了すると、整った歯並びを定着させるための保定期間に入ります。

リテーナー装置を使用し、歯並びの後戻りを防ぎます。

 

2期治療にかかる費用

1期治療を行い、その後2期治療に移行する場合の費用は、追加基本料と処置料を含め、40〜50万円前後が目安です。
2期治療だけを行う場合は、成人の歯列矯正と同じく80~90万円前後の費用が必要です。
当院の費用の内訳をご紹介します。

 

■1期治療から2期治療へ移行する場合の費用

追加基本料・・・35万~45万円
毎回の処置料・・・1000〜5000円

 

■2期治療から始める場合の費用

初診相談料・・・無料
精密検査・診断料・・・35000円
2期治療の基本料・・・70万〜85万円
毎回の処置料・・・1000〜5000円

 

小学生の矯正治療で気をつけることは何!?中学受験する場合の影響は!?

歯列矯正を始めるときに気をつけること

体と同様に心も大きく成長する小学生の子どもたち。

歯列矯正を行うことで精神的なストレスを感じたり、人と話すことや学校へ行くことが嫌になってしまわないか、親として心配はかなり大きなものであるはずです。

また、高学年になれば中学受験を考える時期にもなり、歯列矯正が受験勉強に影響することを懸念される方もいるでしょう。

歯列矯正を行う子どもに、親はどう向き合っていけばいいのでしょうか。

 

健康面、運動面などのメリットやデンタルケアの大切さを伝える

健康面、運動面などのメリットやデンタルケアの大切さ

「歯並びが悪いから整える」だけでは、歯列矯正がなぜ必要なのかを理解できない場合もあります。

治療を行う本人が嫌だと思ったりやる気がなくなると、歯列矯正はストレスでしかなくなってしまいます。

しかし、歯列矯正に大切なのは、お子さんが前向きに治療に取り組めることです。

違和感や見た目で治療に後ろ向きになってしまわないよう、親は歯列矯正の大切さをしっかりと伝えてあげる責任があります。

歯列矯正を行うことは見た目の問題を改善するだけでなく、運動能力や日常生活のあらゆる場面で大切なことであるということ、歯並びの大切さを理解してもらえるよう、家族みんながデンタルケア意識を高めましょう。

 

中学受験への影響はある?受験と歯列矯正の関係

受験と歯列矯正の関係

歯列矯正が受験勉強に直接影響を与えることは考えにくいでしょう。

しかし、歯列矯正によって口の中の環境が変わったり日常生活に不具合を感じてしまうと、受験勉強が佳境に入る時期や受験直前など、精神的な負担がかかりやすい時期にさらなるストレスを抱えることも考えられます。

親も本人も矯正器具による違和感や痛みは特に気になるところだと思います。

実際のところ通院の都度、矯正治療で力が加わると痛みや違和感が1週間程度続きますが、受験勉強の時期を考慮したスケジュールで治療を行なったり、治療を始めていても負担を少なくするような調整も可能です。

当院では、歯やお口のことだけでなく、日々の生活のことや将来のことなどトータルで考え、お子さん本人とご家族のライフスタイルに合わせた治療スケジュールをご提案いたします。

矯正治療に関して少しでも気になることがあれば、なんでもご相談ください。

 

まとめ

小学生の歯列矯正、いつから始めるべき?

積極的に歯並びを改善するには、お子様自身のやる気や無理のない治療が大切だと考えます。

早期に相談を行ってお子さんやご家族が歯列矯正に対して十分理解を深めておくことは、治療を行う本人にとってもとても心強いものです。

心配なことがあれば、是非相談だけでもいらしていただいても大丈夫です。

ご本人とご家族に合わせた適切な治療を一緒に考えていきましょう。

 

Check Point

■小学生の矯正治療は将来の永久歯列で悪い歯並びにならない、またはこれ以上悪化させないための予防治療

■当院では小学生の低学年から始める矯正治療を推奨している。

■学校の歯科検診で「不正咬合」と指摘されたら、矯正治療を要検討。

■小学生の矯正治療は成長の段階によって1期治療と2期治療がある。

■当院で小学生で使用する矯正器具は、固定式や取り外し式など多種多様な種類を取り扱っている。

■小学生の矯正治療の治療期間は2年前後で、通院頻度は1ヶ月に1回

■当院での小学生の1期治療の費用はトータルで45万円前後

 

コンセプトブログ