幼児から矯正が必要な歯並び、歯列矯正の器具や費用について

「歯列矯正なんて、もっと大きくなってからの話よね」と思っている方も多いでしょう。

悪い歯並びは通常の病気とは異なり、「早期発見」「早期治療」といったように早く行えばいいというわけではありません。

しかし、子どものうちに歯列矯正を行うことはさまざまなメリットがあり、虫歯や歯周病をはじめ、成長に伴って生じるリスクも回避することができるのです。

今回は、小学校入学前の幼児にあたるお子さんの歯列矯正についてご紹介します。

幼児の歯列矯正の目的と悪い歯並びのデメリットについて

顎の健やかな成長を促す

歯列矯正といえば、歯並びや噛み合わせの悪さを「治す」というイメージがありますよね。

しかし、子どものうちに行う歯列矯正には、歯がきれいに生えそろうための「準備」や、歯並びや噛み合わせの乱れを防ぐ「予防」の意味合いが大きくなります。

幼児の頃に行う歯列矯正の意味や、歯列矯正が及ぼす影響について考えてみましょう。

 

「歯並びを治す」ではなく「顎の健やかな成長を促す」ための歯列矯正

顎の健やかな成長を促す

小学校に上がる前の、およそ6歳頃までに始める歯列矯正は、歯並びを治すことではなく、顎の健やかな成長を促すことが目的です。

歯並びや噛み合わせに影響を及ぼす癖なども取り除き、歯が生え揃うための準備を行うとことで、将来的にきれいな歯並びに繋げることができます。

<幼児の頃に矯正治療を始めるメリット>

  • 骨格(顎)の成長に合わせた正しい歯並び・噛み合わせへ促すことができる
  • 将来的に永久歯を抜かずに治療できる可能性が高くなる
  • 将来的な歯列矯正の治療期間を短くすることができる
  • 虫歯や歯周病などのリスクが低くなる
  • 指しゃぶりをはじめとする癖・習慣を改善できる
  • 見た目や話し方のコンプレックスを取り除くことができる

 

歯並びの悪さから起こる悪影響とは?

歯並びの悪さから起こる悪影響

歯並びや噛み合わせの悪さは、虫歯や歯周病を始め、さまざまなデメリットが生じます。

これからどんどん成長する子どもたちにとって、歯並びの悪さはときに深刻な問題となることも考えられます。

 

<歯並びが悪いことで起きるデメリット>

  • 歯の隙間に汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  • スムーズに咀嚼(そしゃく)できず、食べ物を十分に噛み砕けなくなる
  • 咀嚼の影響から消化不良を起こし、胃腸に負担がかかったり栄養を十分に吸収できなくなる
  • バランスの良い噛み締めができず、スポーツの際に十分な力を発揮しづらい
  • 歯の隙間から空気が漏れ、正しい発音ができない、滑舌が悪くなるなどの影響が出る
  • 人前で話すことや人とコミュニケーションをとることが苦手になる、コンプレックスによって消極的な性格になってしまうこともある

歯並びや噛み合わせは見た目の問題だけでなく、身体的にも精神的にも大きな負担をかけてしまいます。

大人になってから治療を行うこともできますが、幼い子どもが不自由さやコンプレックスに長年悩まされてしまうことは、できるだけ避けてあげたいですよね。

お子さんの健やかな成長のためにも、子どものうちから歯列矯正を始めることは大切だといえます。

 

幼児の歯列矯正の相談について

歯列矯正を行うべきタイミング

子どもの歯並びは成長に合わせて変化するので、早く始めたからといってそのぶん治療が早く終わったり、将来的に歯並びの心配がなくなったりするわけではありません。

しかし、早い段階で親がお子さんの歯並びに対する意識を持つことは、さまざまなメリットに繋がります。

 

<歯列矯正の相談を受けるメリット>

  • 将来、歯列矯正が必要かどうかを知ることができる
  • お子さんの現在の歯並びや顎の状態を知ることができる
  • どのタイミングで行うべきか、正しく判断できる

この時期の子どもは、すべてが乳歯の状態です。

今後の顎の成長や永久歯に生え変わることで噛み合わせが変化するため、歯並びや顎の成長に不安があるからといって必ずしも歯列矯正が必要でない場合もあります。

自然に治る可能性が高い噛み合わせに関しては、小学生2~3年生あたりから矯正治療をスタートしても大丈夫ですが、放置しても自然に治ることが難しい場合や、顔の形が歪んだり見た目の問題で精神的なストレスを感じてしまうと予想される場合には、当院では積極的に歯列矯正を行っています。

お子さんの歯並びについて気になることがあるなら、是非一度ご相談にいらしてください。

 

歯列矯正の相談を受けた方がよい歯並びとは?

歯列矯正の相談を受けた方がいいタイミング

お子さんが矯正治療を受けるべきか、または矯正治療の相談を受けた方がいいのか、なかなか判断がつかないこともありますよね。

どのような状態であれば、矯正治療の相談を受けるべきなのでしょうか。目安となるタイミングをご紹介します。

 

幼児の段階から矯正相談を検討した方がよい歯並び

 

●下顎前突のイメージ

下顎前突
 

●交叉咬合のイメージ

交叉咬合
 

3歳児検診の際に、「反対咬合(下顎前突、受け口)」もしくは「交叉咬合」といわれたお子さんは、現在の歯並びをより詳しく検査する目的も含めて、一度相談を受けることをおすすめします。

本来、上顎の歯が下顎の歯の外側に重なるのが正しい噛み合わせの形ですが、前歯が逆になる反対咬合や、奥歯が逆になる交叉咬合は、顎の異常な成長を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

 

経過観察してもよい歯並び

上記以外の噛み合わせであれば、6歳臼歯が生えて前歯が数本生え変わる小学校低学年頃を目安に歯列矯正をスタートさせると良いでしょう。

もちろん、もしお子さんの歯並びや顎の成長に不安があるのであれば、6歳になる前に当院にご相談いただいても構いません。

 

主役はお子さん。治療はお子さんのペースに合わせて

治療はお子さんのペースに合わせて

お子さんの将来のために行う歯列矯正ですが、治療を受けるのはお子さん本人です。

そのため、本人が治療を嫌がった場合には、当院では決して無理には行いません。

本人が治療を受ける気持ちになるまで様子を見たり、少し大きくなってから改めて治療を始めることもあります。

デリケートな問題でもあるので、あくまでもお子さんのペースに合わせて治療を進めていきましょう。

 

幼児の歯列矯正の治療期間と治療方法、費用について

治療期間と治療方法、費用

幼稚園児の頃からの歯列矯正は、永久歯が生えそろうまでに行う「1期治療」と呼ばれる治療を行います。

1期治療が終了すれば、歯並びの状態に合わせて「2期治療」に移行します。

今回は、幼稚園児ころのお子さんの治療である「1期治療」についてご紹介します。

 

1期治療

1期治療

永久歯が生えそろうまでの幼稚園年長~小学校低学年頃にスタートし、永久歯がきれいに生えるように顎の成長や歯並びのバランスを調整する治療です。

顎が小さく永久歯が入りきらない場合には顎を大きくする治療や奥歯を動かしたり、噛み合わせのバランスを整えたりすることで、永久歯が生えやすい状態にします。

 

当院で使用する矯正器具

当院では、マウスピース型の「プレオルソ」という器具を使用します。お口まわりの筋肉のバランスを整えつつ、歯ならびを改善させる子ども用の装置で、既製品で歯型をとる必要

がないため、嘔吐反射の強いお子さんや乳歯列期の小さなお子さんにも使用できます。

 

治療期間

歯並びによっても異なりますが、矯正の治療期間は約1~2年ほど。1~2ヶ月に1回通院し経過を確認します。

1期治療が終わったあと、永久歯が生えそろうのを待って2期治療に進みますが、1期治療の状態によっては2期治療が不要になったり、簡単な治療で歯列を整えることができる場合もあります。

 

1期治療にかかる費用

子どもの矯正治療の費用は、治療前に行う精密検査や定期検診の際に必要となる処置料を含め、40〜50万円前後が目安となります。

当院の費用の内訳をご紹介します。

 

<治療に入る前までに必要な費用>
初診相談料・・・無料
精密検査・診断料・・・35,000円

 

<治療がスタートしてから必要な費用>
子どもの矯正治療(4〜12歳頃)・・・350,000~450,000円
毎回の処置料 ¥1,000〜¥5,000

 

2期治療

2期治療

永久歯が生えそろう小学校高学年以降から行う矯正治療で、成人の歯列矯正もこれにあたります。

1期治療が終了後、歯の状態に合わせて2期治療に移行します。

多くの方がイメージする矯正治療がこの治療で、ブラケットやマウスピースなどを用いて歯並びや噛み合わせを整える治療です。

 

子供の矯正って精神的なストレスの心配もあるけど……親としてどう接すればいい?

精神的なストレスの心配

幼いうちから歯列矯正を行うことで、体に負担がかからないか、精神的なストレスにならないかなど、親にとっても不安が大きいものです。

しかし、先に述べたように、歯並びが悪いことはお子さんの体や心に大きな影響を及ぼします。

長年悩みを抱えながら過ごすよりも、子どものうちに歯列矯正を行っておくことで、そうした悩みを抱える心配を少しでも減らすことができるのです。

 

ご家庭で伝えて欲しい「しっかり噛めること」の大切さ

「しっかり噛めること」の大切さ

矯正治療中は、矯正器具を装着したり歯科医院に通う回数が増えたり、これまでよりも歯磨きを念入りに行う必要があるため、お子さん本人にとって決して楽なものではありません。

ときには、治療や検診を嫌がることだってあるでしょう。

きれいな歯並びが将来的に良いことだと伝えても、なかなかお子さんは理解することができないかもしれません。

しかし、歯並びを整えることは将来的な話だけでなく、毎日美味しいご飯を食べられることや、力一杯運動することができるなど、今現在の生活にも大きく関係します。

毎日楽しく過ごすことにつながることを、愛情を持ってお子さんに伝え、親子で治療に取り組んでいただきたいと思います。

もちろん、私達スタッフも全力でサポートいたします。

 

家族全員がデンタルケアに関心を持ちましょう

デンタルケアに関心を持ちましょう

お子さんだけが治療を行うと、負担を感じたり治療の意味を理解できないこともあります。

デンタルケアの大切さついて意識を高め、家族全体で取り組むことで、お子さんの不安や負担を少しでも和らげることができるのではないでしょうか。

お子さんだけの問題だと考えず、ママやパパ、ご兄弟、おじいちゃんおばあちゃんなど家族みんなで協力して、お子さんの矯正治療を支えてあげましょう。

 

まとめ

幼稚園児に歯列矯正が必要な理由

歯並びは、体と心、そして成長や人格形成にも大きく影響するため、とても重要です。

お子さんの歯並びについて気になることがあれば、どんなことでもご相談ください。
 

Check Point

■幼児の矯正治療は顎の健やかな成長を促すことが目的

■3歳児検診で「反対咬合(下顎前突、受け口)」、「交叉咬合」といわれたお子さんは要相談

■学校の歯科検診で「不正咬合」と指摘されたら、矯正治療を要検討。

■幼児から始める矯正治療は成長の段階によって1期治療と2期治療がある。

■当院で幼児に使用する矯正器具は、マウスピースタイプの装置

■幼児の矯正治療の治療期間は2年前後で、通院頻度は1ヶ月に1回

■当院での幼児の1期治療の費用はトータルで45万円前後

 
 

コンセプトブログ