中学生の歯列矯正と費用や期間について

部活、勉強、人間関係……中学生になると周りの環境が今までとは大きく変わり、心と体も変化していきます。

歯並びによるコンプレックスを抱えていた子どもにとっては、これまで以上に歯並びを気にするようになってしまうかもしれません。

歯並びや噛み合わせをできるだけ早く改善することは、心と体の健やかな成長につながり、子どもの将来にも大きく関係するでしょう。

今回は、中学生のお子さんにとって歯列矯正が必要な理由や治療方法、費用面について詳しくご紹介したいと思います。

中学生で歯列矯正はやるべき?やる場合のメリットは?

 

中学生の時期の矯正

中学生の歯列矯正が与える心と体への影響
 

中学生になると完全に永久歯が生えそろい、大人と同じ「永久歯列期」となります。

しかし、心と体はまだまだ大人へと成長する「思春期」精神的にも身体的にも非常にデリケートな時期です。

これまでさほど気にならなかった歯並びも、見た目や話し方によって「人にどう思われるか」と強く感じ始め、大きなコンプレックスとなってしまう可能性もあります。

特に中学1年生頃は、これまでの環境や人間関係が一変するため、精神的な負担も大きいものです。そんなときに歯列矯正を行っていいのかと心配になるご両親も多いでしょう。

しかし、コンプレックスを抱えたまま思春期を過ごすよりも、できるだけ早くコンプレックスを改善してあげるほうが、子どもの将来にとってプラスになることが多いのではないでしょうか。

当院は、思春期のお子さんの矯正治療を積極的に行っています。

心と体の変化が大きい中学生に配慮した治療を得意とし、受験や部活などのライフスタイルに考慮した治療方法も提案するなど、一人ひとりに合わせた適切な矯正治療を行っています。

 

中学生の歯列矯正で得られるメリットって何?

中学生の歯列矯正って必要?得られるメリット

大人になってからでも歯列矯正を行うことはできますが、長い間コンプレックスを抱えていると、精神的にストレスを感じたり、人と接することが苦手になってしまうこともあります。

治療をスタートすると日常生活に不便が出てくることもありますが、何もしないでいると今以上に歯並びが悪くなって、コンプレックスがさらに強く感じてしまいます。

矯正治療によって歯並びを改善することで、「数年先にはきれいな歯並びが手に入る」と前向きに考えることだってできるのです。

 

さらなる歯並びの悪化を防ぐ


歯並びが悪いまま放置すると歯並びがさらに悪くなり、日常生活や精神的な負担はどんどん大きくなります。

早いうちに改善すると、そうした負担を軽減することができます。

 

運動能力が改善される


噛み合わせが悪いと力を入れる際に左右均等な力で噛み締めることができず、スポーツでの際、本来持っている力を発揮できなかったり、思ったような動きができないことがあります。

体が成長途中の中学生のうちに改善しておけば、本来の運動能力を十分発揮することができます。

 

虫歯、歯周病のリスクが減る


噛み合わせが悪いと歯の間に汚れが残りやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

さらに、思春期以降は親の仕上げ磨きが無くなり、ホルモンバランスが大きく変化するためこの時期から虫歯や歯肉炎が多発しやすいので注意が必要です。

歯並びや噛み合わせを改善することで歯磨きがしやすくなり、将来のお口のトラブルを防ぐことにつながります。

 

治療期間が短い、抜歯のリスクが減る


永久歯に生え変わったとはいえ、成人に比べるとまだまだ歯を動かしやすい時期なので、治療期間が短くなりやすく、抜歯によって歯の入るスペースを作る必要も少なくなります。

 

成人式や大学進学の前には歯並びがキレイになれる


お子さんには成人式や就職活動、結婚式などこれから多くのイベントが控えています。

できることならキレイな歯並びで迎えたいものですよね。

ところが、歯列矯正はある程度の期間がかかる治療のため、直前に歯並びを治したいと思っても時間的に難しい場合もあります。

前もって中学生のうちから開始しておくことは、お子さんの今後の活動につながります。

 

子どもの歯列矯正で気をつけるべきことは?学生生活や受験への影響は?親としてできることは?

親として、子どもの歯列矯正で気をつけるべきこと

部活や勉強などで忙しくなる中学生は、歯列矯正の影響が学生生活や受験などに響かないか心配ですよね。

治療を受けるご本人も、これからの生活がどのように変わるのか不安に感じてしまうかもしれません。

当院は、そうした部活や受験などの学生生活を第一に考えた治療を行っています。

 

テストや高校受験に配慮した治療を行っています

高校受験や勉強に配慮した治療

テストや高校受験が近づくと、些細なことがストレスとなって勉強に関係してしまうことも考えられます。

歯列矯正を行っていることが子どもの集中力に影響したら……と思うと、なかなか歯列矯正に踏み切れないと考える方もいるでしょう。

器具による違和感や痛みは特に気になるところだと思います。

実際のところ通院の都度、矯正治療で力が加わると痛みや違和感が1週間程度続きますが、治療間隔や力のかけ具合を工夫することで影響を少なく出来ます。

当院では、試験が佳境に入る頃をみて矯正装置の強さを調整したり、受験勉強を考慮した治療スケジュールを組むなど、一人ひとりに合わせた治療やライフスタイルを考慮した無理のない治療を提案しています。

将来的に歯並びを改善したいけれど、さまざまなことが気になって治療を迷っている方は、是非一度お子さんと一緒にご相談にいらしてください。

 

子どもの気持ちを尊重し、家族みんながデンタルケアに関心を持つ

家族みんながデンタルケアに関心を持つ

歯並びというデリケートな問題に対し、親はどのように接すればいいのでしょうか。

歯列矯正の際、子どもの将来のことを考えて必死になるご両親もいらっしゃいますが、あくまでも主役は子どもだと考えましょう。

治療を行う本人が「治療をしたい!」と思えるよう、ご家族で話し合い、納得の上で治療を始めていただきたいと思います。

「歯並びが悪いから治す」というだけでは、歯列矯正をする本当の目的を理解できないかもしれませんし、「歯並びが悪いことを責められている」「歯並びが悪いことはいけないことなんだ」と自分を責めてしまう可能性も考えられます。

そのため、普段から健康な歯の大切さや歯並びの重要性について話し合ったり、家族みんながデンタルケアについて高い意識を持っておくことが大切だと言えるのではないでしょうか。

 

中学生の歯列矯正で行う矯正器具

中学生の歯列矯正で行う治療方法と費用

当院では中学生になる12歳頃からは、大人と同じ治療方法となります。

 

当院の治療方法と矯正器具

歯列矯正といえば、金属のワイヤーを使った目立ちやすい矯正器具をイメージされる方も多いものですが、最近は歯の色に近い白い器具を使った治療方法や、透明なマウスピースを使う治療方法など、見た目に配慮した治療方法がたくさんあります。

歯並びの程度によって治療方法が異なりますが、医療が進歩し、対応できる幅が広がってきたことで選択肢は増えつつあります。

 

ブラケット矯正

ブラケット矯正

日本人の矯正治療の多くは、ブラケットを使用した治療方法です。

当院では、セラミック製(ガラス)ブラケットを標準使用しています。歯に近い色なので、これまで歯列矯正でもっともネックであった見た目の問題を軽減できます。

表面を白くコーティングした目立たないワイヤーもあり、クリアブラケットとの組み合わせることでさらに目立ちにくく、安心して治療を進めることができます。

 

マウスピース矯正

マウスピース矯正

ブラケットやワイヤーを使わず、透明なマウスピース(インビザライン)を装着する治療方法です。

装着中もほとんど目立たない上、食事や歯磨きなど必要に応じて取り外しが可能です。

金属アレルギーなどでブラケット矯正ができない方にもオススメしています。

 

中学生の歯列矯正の期間

治療期間

治療方法や歯並びの状態によって多少の違いはありますが、矯正の治療期間は2年ほどです。

月に1回の頻度でワイヤー交換や装置の調整のために通院する必要があります。

治療が終了した後は、歯が元の位置に戻るのを防ぐための保定期間に入ります。

少なくとも2年間はリテーナーと呼ばれる装置を使用し、半年に1回の頻度で通院していただきます。

治療を開始してから終了するまでに2年、保定まで含めると4年ほどかかると考えていただければよいでしょう。

 

中学生の歯列矯正の治療費

治療費

歯列矯正は、基本的な治療費に加え、治療を始める前の精密検査や治療中・治療後の定期検診費用が必要です。

当院の費用の内訳をご紹介します。

 

治療に入る前までに必要な費用

初診相談料・・・無料
精密検査・診断料・・・35000円

 

治療がスタートしてから必要な費用

中学生の治療基本料・・・70万〜85万円
毎回の処置料・・・1000〜5000円

 

当院の治療基本料には、保定装置の費用が含まれています。

毎回の処置料(装置の調整や交換、歯ブラシ指導、メンテナンス費用)以外に、追加で必要になる費用はございません。

歯列矯正の相談時にわかりやすくご説明いたしますので、ご不明な点はなんでもご相談ください。

 

まとめ

中学生が歯列矯正を行うべき理由

中学生の歯列矯正で歯並びや噛み合わせを改善することは、多感な時期の子どもが抱える悩みをできるだけ早く解消し、将来の負担を少しでも減らしてあげることにつながります。

当院は、治療に向けたご相談のみでも対応しています。中学生の歯列矯正を考えている方は、どんな些細なことでも結構ですので当院にご相談にいらしてください。

 

Check Point

■中学生から矯正治療をすることで、成人式や結婚式などのイベントをきれいな歯並びで過ごせる

■当院では治療の来院間隔や力のかけ具合を工夫することで部活、テスト、高校受験に配慮した治療を行っている。

■当院で中学生で使用する矯正器具はブラケットを使用

■中学生の矯正治療の治療期間は2年前後で、通院頻度は1ヶ月に1回

■当院での中学生の矯正治療の費用はトータルで90万円前後

 

 

コンセプトブログ