自力で歯並びを矯正して治せる?リスクは?

自力で矯正治療することについて


自力で歯並びを治そうとお考えの方、または一般の歯医者さんで指や棒で押していたら治るかもといわれた患者さんも意外と多いようです。

通院の手間や費用を考えると、できることなら歯医者さんに通わずに治したいところ。

では、実際のところ自力での受け口や出っ歯の改善は可能なのでしょうか?今回は矯正治療なしで歯並びは治るのかについてです。

 

そもそも自力で悪い歯並びは治せすことはできる?


結論から言うと、自力で歯並びを治すことはおすすめしません。

矯正装置で歯を押すように、指や棒で毎日長い時間押せば理論的には動きますが、力のかけ具合や向きを誤ってしまうと歯の寿命を縮めたり、かえって歯並びが悪くなるリスクがあるからです。

矯正治療を行う際には歯型や横顔のレントゲン写真をとり、かみ合わせが全体的に整うように計画的に動かしていきます。

一方で、自力で治す場合には無計画に気になるところを動かそうとするため、もともと問題ないところまで影響して全体のかみ合わせまで悪くなることが起こりえます。

 

自力で歯並びを矯正することによるリスク

ここでは仮に自力で歯並びを矯正した場合に起こりうる具体的なリスクについてご紹介します。

まずはこれらのリスクについて把握したうえで自力で行うか検討して下さい。

 

歯の寿命が短くなる可能性


矯正治療で歯を動かす際は、歯根膜という歯の根の周りを覆う組織の表面積の大きさに合わせて適切な力加減が必要です。

この力加減が大きすぎても小さすぎても、良い結果が得られません。

特に極端に力をかけすぎてしまうと歯の根が短くなりグラグラしたり、歯の神経が死んでしまうことも考えられます。

 

後戻りする可能性


矯正治療が終えた後は、リテーナー装置とよばれる後戻り防止のための装置を渡されます。

なぜかというと、歯を動かした時に歯がその位置に落ち着くには少なくとも2年かかると言われているからです。

しかし、仮に自力で治した場合はリテーナー装置などは使用しないため後戻りするリスクは高くなります。

後戻りしたからまた治そうとして、歯を押すということを繰り返すと歯へダメージを与え続けることになります。

 

適切な治療開始のタイミングを見逃してしまう


お子さんの場合、顎の成長を利用した矯正治療が行えますが年齢制限があります。

この大切な期間に自力で治そうとして治りきらなかった場合には、顎の治療を行える期間が失ってしまうことになります。

これにより、本来であれば子供の矯正治療だけで済んだかもしれないかみ合わせが、自力で治そうとしたばかりに大人の矯正治療が必要になり、費用がかえってかさんでしまうことも考えられます。

 

矯正治療しなくても歯並びに関して自分で出来ること


悪い癖が原因による歯並びの場合は、癖を治すことで歯並びが改善することがあります。

例えば、爪をかむ癖や指しゃぶりなど子供の時に起こりやすい癖が歯並びに大きく影響します。

他にも、口呼吸や舌の位置など歯並びは遺伝だけでなく日常生活とも大きく関係しています。

癖がある期間が長ければ長いほど、癖を無くすにも時間がかかり歯並びが改善することも難しくなりますので、悪い癖がある場合には早いうちから対応しておくとよいでしょう

 

自力で出っ歯や受け口などの歯並びは治せる?治す方法は?のまとめ


日常の歯ブラシや定期健診などのセルフケアで虫歯や歯周病はある程度予防することはできますが、悪い歯並びに関してはやはり自力で対処するには限界がありますので矯正治療を受けられることをおすすめします。

目で見える気になるところ以外にも、実は隠れた悪い歯並びや原因があるかもしれませんのでまずは矯正相談してみてはいかがでしょうか。

それでもなお、自力で治したい方や歯科医院で指で押すように指導された場合は十分にリスクを把握したうえで慎重に行いましょう。

 

医院ブログ